待ち箱作りました

こんにちは、蜂駆除専門家「ふくろう」のWEB担当の和田です。

だんだんと暖かくなってきて、動きやすくなってきました。

今日は待ち箱を作っていきました。

DSC_0117

流れ作業でやってたら、色々と寸法合わないものになってしまいました汗。

下の瓶ケース以外、全部廃材で作ってます。

昨日の昔から日本ミツバチをやられている方からは木の板の厚さはあんまり関係なく、一辺の長さは30cmに統一してやっているとお話伺っていたので、私もあんまり厚さは気にしないで作っていこうと思います。

作った待ち箱は、ちなみに木板一辺30cm,高さはすでに切られていたものなので、特に気にせず、厚さは35mmです。

これだけ厚いと蜂が入った時大変だよ~ってみんなに言われます。

寸法合わずのため、そこら中に隙間があり、ちゃんと蜂が家として見てくれるか不安です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました