ベトナムのミツバチは、動物の糞を使ってスズメバチから巣を守るとのこと

こんにちは、蜂駆除専門家「ふくろう」のWEB担当の和田です。

先日から、スズメバチの予防に何かいいものはないかと探していたところ、海外の記事に面白いものがありました。

Bees defeat 'murder hornet' relatives with poop
Using feces to defend their hives is a behavior that was previously unknown in bees.

タイトルは「Bees defeat ‘murder hornet’ relatives with poop」

[Bees」はミツバチ、「defeat」は打ち負かす、「murder hornet」は殺人スズメバチ、 「relatives 」は親戚ですね。「poop」はうんちです。なのでミツバチはうんちを使ってスズメバチの一種を打ち負かす、みたいに訳す感じになりますかね。かわいらしい言い方ですよね。

余談ですが、蜂の種類ごとに英単語が変わってややこしいので、わからなくなっちゃいそうな方はこちらの記事を参照ください。

どうやら、ベトナムのミツバチは動物の糞を巣の入り口に塗ることで、スズメバチが来ないようにしているそうです。

来ない理由としては、スズメバチはフェロモンによって、仲間同士でコミュニケーションを取ったりするのですが、動物の糞にはスズメバチが嫌いなフェロモンが入っているのではないか、という説が濃厚だそうです。

もっとよく知りたい方は、詳しく載っていそうな記事を発見したので、見てみてください。

Honey bees (Apis cerana) use animal feces as a tool to defend colonies against group attack by giant hornets (Vespa soror)
Honey bees (genus Apis) are well known for the impressive suite of nest defenses they have evolved to protect their abundant stockpiles of food and the large co...

水牛の糞とかを利用しているそうです。

スズメバチの予防にも使えそうな記事で楽しく読ませて頂きました。

牛糞にはスズメバチは寄り付かない…とかあるんでしょうか…

いずれにせよ、今度ミツバチを飼育されている方々にお伝えした時の感想が今から楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました