蜂駆除の料金相場の決め方と大事な要因について

こんにちは、蜂駆除専門家「ふくろう」のWEB担当の和田です。

今日は弊社における蜂駆除の料金の考え方と、一般的な相場についてお伝えします。

まず蜂駆除の料金の平均的な相場ですが、10000円~20000円が全国的な平均値だと思います。

値段の幅が広いと思われた方もいると思います。

10000円で提供する企業と、20000円で提供する企業の差について考えてみると、

おそらく自分の命を落とすリスクの捉え方が大きくかかわってくると思います。

蜂駆除は誤って死亡する可能性もあるため、その危険性を考慮して料金設定します。

蜂駆除大手の企業様ほど、従業員の方が亡くなるリスクの価格が高いと考え、駆除料金も高くなりがちです。

逆に、個人事業主や蜂駆除を農業の片手間にやられている方などは、死亡するリスクを低く考え料金は抑えめになりがちな気がします。

この死亡リスクがまず料金設定の大事な指針です。

死亡リスクを検討し、大本の価格を決めたところで、蜂駆除の技術的な要因も検討していきます。

蜂駆除料金の変動に関わる要因は三つです。

①蜂の種類

②蜂の巣の取りにくさ

③季節、巣の大きさ

順に説明していくと,

①蜂の種類

キイロスズメバチ、オオスズメバチ、ミツバチ等種類によって対応が異なってきます。

・民家の軒先によく巣を作るのが、キイロスズメバチ

・山の地中に巣を作るため、巣を掘り出す工程がとても大変かつ、殺傷能力高いので駆除料金が高くなりがちなオオスズメバチ

・巣を撤去するのが大変なミツバチ

・簡単なアシナガバチ

等蜂の種類によって対応の難易度が異なるため、価格の変動につながります。

②蜂の巣の取りにくさ

巣の位置が梯子を使わないとたどり着けない場所にある

地中にある

屋根裏に巣を作っていて、取り出すのが困難

等、巣の取り出しにくさでが値段の変動につながります。

③季節、巣の大きさ

7月までは、春から巣を作り始めたスズメバチの巣はまだ小さくて対応が容易なため、値段が安くなります。

反対に秋以降、新たな女王バチが誕生する頃には、冬が近づくにつれて餌がすくなくなったりとか、

女王バチを死守するために警戒度がマックスになり、攻撃性も上がります。

弊社はあまり変動しませんが、巣の大きさによって、駆除するスズメバチの数が変わるので一般的には、巣が大きいほど価格も高くなります。

上記のようなことを 考えて、料金を設定いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました